無料ブログはココログ

« No.08-1:「東京の交通100年博」を見て来ました(1) | トップページ | No.09:中浜万次郎 宅跡を探訪 »

2011年8月 7日 (日)

NO.8-2:「東京の交通100年博」(2)

4  最も初期の路面電車 ヨヘロ1型
  は1934年に函館市譲渡され、除
  雪車に改造されて活躍していま
  した。
  今回のイベントで76年ぶりの里
  帰りとなったのです。
  原型の再現モデルは別に展示
  が有りました。



私が気がついた展示としては、5_2
電気鉄道以前の鉄道馬車やト
ロリーバス(架線から電気を取
り入れる電動バス、無軌道電
車とも云いました)の模型、都
営地下鉄大江戸線がリニア・
モーターカーであるとの説明
パネルなどが有りました。

都電を主役としたNゲージの
ジオラマは子供たちに人気が
有りました。
ここで私は可動橋である勝鬨
橋を通過する都電のジオラマ
を発見して嬉しくなりました。
小学生の頃に可動橋が開く
(跳ね上がる)のを見たくて、何時間か待っていた経験が有ります。

船の通過に応じて開くわけで、この時には路面電車だけでなく一切の交通は遮断され、船が過ぎると閉じて交通は再開される、という仕組みですからノンビリした時代の施設だったとも云えそうです。

6_2

この展示を見学して、古き良き時代を想起し、近年の驚異的な変化と
照らし合わせる機会を得て、有意義な一日でした。
                               以上。




 
 




































« No.08-1:「東京の交通100年博」を見て来ました(1) | トップページ | No.09:中浜万次郎 宅跡を探訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575020/52413828

この記事へのトラックバック一覧です: NO.8-2:「東京の交通100年博」(2):

« No.08-1:「東京の交通100年博」を見て来ました(1) | トップページ | No.09:中浜万次郎 宅跡を探訪 »