無料ブログはココログ

« No.46:飯田橋散歩道の記念碑 | トップページ | No.48:続々 飯田橋散歩道の記念碑 »

2012年8月28日 (火)

N0.47:続・飯田橋散歩道の記念碑

前回に続き、飯田橋散歩道に点在する記念碑を探訪、紹介します。

大学発祥の地の記念碑としては、東京女子医科大学および東京理科
大学が在りました。

東京女子医科大学発祥の地の碑文は下記のとおりです。

  「                  東京女子医科大学発祥の地

 吉岡弥生は明治33年(1900)の12月5日、この地にあった至誠医院の
 なかに東京女子医学校を創立しました。翌34年4月、同校は牛込区
 市ヶ谷仲之町に移転。のちに市ヶ谷河田町へ移転して現在の東京
 女子医科大学に続きます。吉岡弥生の至誠医院は明治41年(1908)
 に旧飯田町4丁目31番地に移り、関東大震災までありました。       」

      <東京女子医大>    <東京理科大>

11_a_3 14_b  12_b_3 13_a_4 

東京理科大学発祥の地の碑文は下記のとおりです。

「         東京理科大学発祥の地

 明治14年(1881) 東京理科大学の前身である東京物理学講習所
 (同16年東京物理学校と改称)はこの地、麹町区飯田町4丁目1番
 地で創立しました。現在は新宿区神楽坂1丁目3番地にあります。」

飯田橋散歩道に在る記念碑は教育機関だけでは有りません。明治
初期に創設された企業の記念碑なども在ります。

次に日本赤十字社および飯田町駅の記念碑を紹介します。

日本赤十字社跡の碑文は次のとおりです。

「              日本赤十字社跡

 明治10年(1877)西南の役の後、佐野常民は博愛社を結成し、傷兵
 の救護事業を開始しました。明治19年(1886)、旧麹町区飯田町4丁
 目、現在のJR 飯田町貨物駅のところに博愛社が病院を建てまし
 た。その年、日本は国際赤十字条約に加入し、翌20年に博愛社は
 日本赤十字社と名を改めました。明治27年(1894)、甲武鉄道が飯
 田町駅を建設するために立ち退き、この地に移転、大正元年(1912)
 に芝に移るまでここにありました。             」

 <日本赤十字社>     <飯田町駅>

17a 18_b21_a 22_b_2  

飯田町駅の碑文は下記のとおりです。

「           甲武鉄道飯田町駅

 明治22年(1889)、新宿・八王子間に甲武鉄道が開業し、同28年
 (18 95)には市街線として延長され、飯田町駅が開業し現在の中
 央線の始発駅となりました。同37年(1904)我が国で始めて飯田町
 ・中野間で電車が運転され、円板型自動信号機が設置されまし
 た。その後甲武鉄道は御茶ノ水方面に延長されました。
 同39年(1906)、甲武鉄道は国有化され、昭和8年(1933)に飯田町
 駅は貨物専用駅となりました。この奥のホテルエドモンドが旧駅構
 内で、改札口は小石川橋側にありました。              」

この時に開業した駅名は「飯田町」でした。現在のJR の駅名は「飯田
橋」です。前者は町名を採り、後者は神田川にかかる橋の名を採った
ようです。

この散歩道にはまだ数箇所の記念碑が在りますが、今回はここで止
めます。

                        <以上>



« No.46:飯田橋散歩道の記念碑 | トップページ | No.48:続々 飯田橋散歩道の記念碑 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575020/55525980

この記事へのトラックバック一覧です: N0.47:続・飯田橋散歩道の記念碑:

« No.46:飯田橋散歩道の記念碑 | トップページ | No.48:続々 飯田橋散歩道の記念碑 »