無料ブログはココログ

« No.94:封印された戦時下の郵便切手 | トップページ | No.96:「計算折紙のかたち展」を見学 »

2013年10月 3日 (木)

No.95:鉄砲組百人隊出陣の儀

東京都新宿区に「皆中稲荷神社」という神社が有ります。大きな神社ではないのですが、隔年に行われる「鉄砲組百人隊出陣の儀」は有名です。今回は9月22日に挙行されました。

A

嘗て徳川幕府には鉄砲組百人隊という組織があり、この付近に屋敷を与えられていました。今も百人町という地名が残っています。

B C

皆中稲荷神社は、この鉄砲組から厚い信仰を受けました。「皆中」は"かいちゅう"と読むのですが、"みなあたる"とも読めるので勝負師や投機筋の業界からも信仰する人が多いと云われています。

D E

左図は、出発前の稲荷境内に於いての試射の様子です。数人の射手が一斉射撃を行います。広くない境内に轟音が響き、硝煙が立ち込めます。右図は女子隊員です、この方々は新宿区の職員が多いと土地の方から伺いました。

境内を出た百人隊は隊列を組み、新宿方向に行進します。途中、数箇所の広場で射撃の姿勢を披露しますが、発射はしません。近時、各所で火薬に絡む事故が発生しているので、警察の要請により自粛しているのだそうです。(前年の記録を見ると、諸処で試射していました)

行進の折り返し地点に在る長光寺の境内では、隊士の整列姿を披露します。ここでターンして西戸山公園野球場に向います。

FH

左図は、長光寺に於ける隊士の整列です。 右図は西戸山公園野球場での一斉射撃の風景です。ここは野球場ですら充分な広さが有りますから、300発にも及ぶ試射が行われます。その壮観・迫力の一端を次に示します。

010b

J

この行事は新宿区の登録無形民族文化財となっていて、新宿区教育委員会の建てた掲示板が、皆中稲荷神社の社殿近くに在ります。新宿区は、この行事に力を注いでいるようで、野球場では区長の挨拶が有りましたし、行列の中の甲冑武者には、公立校の校長や教頭の方々も参加していました。

K 日本には各地に鉄砲の愛好家がいて、この種のイベントが数多く開かれると聞いていますが、身近な場所で、由緒ある江戸幕府の鉄砲組百人隊の再現が見る機会が有り、感銘を受けました。                  

                             <以上>

                                  

« No.94:封印された戦時下の郵便切手 | トップページ | No.96:「計算折紙のかたち展」を見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575020/58314549

この記事へのトラックバック一覧です: No.95:鉄砲組百人隊出陣の儀:

« No.94:封印された戦時下の郵便切手 | トップページ | No.96:「計算折紙のかたち展」を見学 »