無料ブログはココログ

« No.118:警察無線機の未来技術遺産登録を慶ぶ (3) | トップページ | No. 120:旧いスタンプ帖から (2) »

2015年1月10日 (土)

No..119:旧いスタンプ帖から (1)

旧い資料を整理していたらスタンプ帖が出てきました。現役の時に出張の機会も多く、鉄道の待ち合わせを利用してスタンプを収集して楽しんだ一時期が有りました。
この小文は往時を回顧しながら、その一部の紹介を試みたものです。 

Tokyo_831007_2 「東京駅」
首都・東京の代表とも云うべき東京駅は、辰野金吾博士の設計になる名建築として有名でした。1945年の空襲で被害を受け、その後に修復はされましたが、完全に復元はされませんでした。2014年に至り、やっと復元作業が完成し、多くの話題を提供した事は周知の事です。
このスタンプは1983年に捺印したものです、当然のことながら応急的な修復の姿を示しています。しかしながら、それも歴史の一齣だと感じます。

Sinjuku_2_831104_2Sinjuku_831104_5 
「新宿駅」
副都心として高層ビルが林立する地に在る新宿駅の乗降客数は、全国トップを競う多さです。西側には都庁を含むビジネス街、東側は商業・歓楽の街として対照的な姿を見せています。
新宿駅を起点とする特急"あずさ"は長野と結ぶ人気列車、ドラマ・小説に数多く登場しました。

「上野駅」
東京の北の玄関口として東北線・常磐線・信越線・上越線の起点として多くの人々に親しまれて来ました。高度成長の時代に京浜工業地区の企業は、東北地方出身の若い労働力を集めた事が有りました。そのために"集団就職列車"が運行されるほどでした。
義務教育を終えたばかりの若い人材が大量に製造業に投入されて"モノつくり日本"の下支えをしてのです。
その彼ら・彼女らにとって上野駅は故郷と結ぶ関門でした。

Ueno_2_831004 Ueno_831022_2

その上野駅も、今ではすっかり事情が変わりました、新幹線の開通です。これにより所要時間は大幅に減り、しかも輸送量は飛躍しました。また、産業構造の変化により就職環境も激変したので、もはや集団就職列車を必要としなくなりました。

東北新幹線が開通したのは1982年とされていますが、実は大宮が始発駅でした。大宮・上野間は未完成で、この区間は「リレー号」と云う特別な列車で結んだのです。両駅間はノンストップで新幹線に接続するシステムで新幹線特急券を要しました。その後、工事が進んで上野始発となり、さらに東京始発になりましたが、このような時期もあったのです。
このスタンプは当時のモノです。
浅草観音やパンダが描かれているのも、ご愛嬌です。

Haarajuku_841130  「原宿駅」
明治神宮とニュー・ファッションの駅として全国的に有名です。新年の神宮参拝者数は全国一と云われ、長蛇の列が続きます。若者の集う竹下通りは至近に在り、また青山に向かう表参道には著名な内外のブランド店が並び、外人の観光客が往来します。
駅西側の近くにはNHKが在り、放送センターには多数の見学者が訪れます。

Akabane_3_840129 「赤羽駅」
東京都の北端の駅です。このスタンプは開業100周年記念と記されています。明治16年7月28日との事です。当時は蒸気機関車の牽引する列車でしたが、今は電車に置き換えられています。

         <以下次号>

                                                  

 

                                                         

                

« No.118:警察無線機の未来技術遺産登録を慶ぶ (3) | トップページ | No. 120:旧いスタンプ帖から (2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/575020/60952699

この記事へのトラックバック一覧です: No..119:旧いスタンプ帖から (1):

« No.118:警察無線機の未来技術遺産登録を慶ぶ (3) | トップページ | No. 120:旧いスタンプ帖から (2) »