無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年6月22日 (金)

No.193: 名論卓説 & 迷論惑説 (5)

9. [ 白い遠景 ] : 吉村 昭
Photo_2 吉村氏のエッセイ集より、幼少時の読書に関わる記事を引用します。
 
 母は読書については、何も注意しなかった。どんな本を読んでも黙っていた。漫画・幼年倶楽部・少年倶楽部・譚海などの雑誌や講談本を読むかたわら、日の出・富士・キングなどの大人の大衆雑誌も読んだ。
  それらに記載の大衆小説は面白く、難しい漢字には振り仮名がついていたので、多くの漢字を読み知った。
  当時でも、いわゆる子供の読むべき良書というモノがあった。それらを母親たちは子供に買い与える。しかし、そうした類の書物の大半は子供たちには興味がない。
  良書とは大人の考えた良書であって、子供たちには、それらを読むことは、却って苦痛であった。それらを読まされる子供たちは、読書に興味を失い、本嫌いになってしまう。
 
<たまの玄太の一言>
  この一文に接した時に、老生は快哉の声を挙げました。年少時より密かに思っていたことが明記されていたからです。
  実は、老生も全く同じ経験を持つからです。老生の母も、読書について制約めいたことは一切云いませんでしたでした。
    老生と吉村氏は同世代です。1940年前後に初等教育を受けました。当時の初等教育界には、教科書至上主義とも云うべき流れが有ったようです。小学生は教科書を中心に勉強すれば良い、それ以外の書物を読むな、という雰囲気でした。
  老生の通った公立小学校の校長は、初等教育界では名士だったそうですが、教科書至上主義者でした。当時も小学館発行の「小学〇年生」という学習雑誌が有りましたが、それさえも父兄会などで難色を示す発言をしました。
  況してや、小説中心の少年倶楽部や譚海などは禁書扱いでした。幸いなことに、老生の母は当時としては数少ない高等女学校(今の女子中高一貫校に相当)を出ていた故か、小学校長の話などは聞き流していました。
    老生の愛読書は少年倶楽部に連載された、江戸川乱歩や海野十三、山中峰太郎、平田晋作、南洋一郎、福永恭介らの探偵小説・軍事小説・冒険小説・科学小説 (SF) などで寝食を忘れて読み耽りました。これらは、上記の校長先生からは、最も危険視された作品でしたが、老生の母は学業成績に関わらない限りは、文句を云わずに買って呉れました。
  他にも有名出版社から発刊された「少年少女世界名作全集」と銘打ったシリーズを乱読しました。作品は、「宝島」 「十五少年漂流記」 「トム・ソウヤーの冒険」 「母を尋ねて三千里」 などの海外作品が主でしたが、「平家物語」 「太平記」 などの日本古典も有りました。これらも、殆ど読破しました。
   小学3年生の頃、その後の進路に大きく影響した書物に巡り遭いました。それは講談社の発行した 「発明発見物語」 なる書物でした。菊版サイズのやや大きい本で、アルフレッド・ノーベルを始めとして古今の高名な科学者・発明家の業績・伝記が記載されていました。
   その中でテレビジジョンの発明家として、早大の山本・川原田の両教授、浜松高工の高柳教授の業績が記載されていました。それを読み、かねてから機械いじりが好きがだった老生は、電気通信技術の世界で働こうと思うようになり、後に理工系大学に進学し、電機メーカーに就職し定年まで研究開発の職に在りました。
  吉村氏も老生も、当時としては読書環境に恵まれていたと思います。社会での進路は全く違いましたが、年少時の読書が大きく影響したのは共通です。
  なお蛇足を加えると、吉村氏の作品 「戦艦武蔵」 における造船所の作業や工程の記述は、専門家から見ても正確であり、「零式戦闘機」 では設計者の心理状態に及ぶ記述が詳細を極めています。年少時からの多方面に及ぶの読書の現れと云うべきでしょうか。
             <以下次号>

2018年6月18日 (月)

No.192 :名論卓説 & 迷論惑説 (4)

7.「古風堂々・数学者」 : 藤原正彦
Photo 合理的に説得できる事柄については説教しなくても判るが、実は合理的に説明し難い 「かたち」 も重要である。
  例えば、"嘘を云わぬ" "礼儀を守る" "家族・郷土・国を守る" "名誉と恥をわきまえる" などが挙げられる。
  これらは小学生時代に国語とともに徹底的に教育すべきである。
  20世紀末に日本は合理精神と引き換えに武士道や儒教を中核とする 「かたち」 を捨てたが、これは大損失。移民の国である米国は殆ど 「かたち」 を持たないから争いが絶えない、欧州もキリスト教の 「かたち」 が衰退して米国化、荒廃が進んでいる。
   米国は 「かたち」 を持たず論理 (法律) だけで律しようとする、抜け道のないように法律を網羅整備し、罰則を強化する。多数の弁護士を擁しギスギスした訴訟社会となった。
  合理的精神は、人々を中世の魔術や迷信からを解放し、宗教の軛から精神を飛翔させた。科学技術に代表される近代文明は合理的精神を基盤としている。
  しかし、合理的精神は万能ではない。多くの新たな問題が発生している。 多くの大事な事が論理的には説明し難い。論理抜きの 「かたち」 は社会が円滑・安定に機能するための永年にわたる人類の深い知恵である。
<たまの玄太の一言>
  藤原教授は理系の学問の中でも、純粋に理論を追うと思われている数学の研究者ですから、この論説を読んでやや意外な感じがしました。しかし、熟読玩味して考えると正に核心を突いた指摘だと痛感しました。
  それは老生の技術者生活での経験と相通じるモノを感じたからです。老生は理系人ですが、その応用である工学を学び技術開発の職に在りました。
  その時に理論と実務の乖離に悩まされる事が多く、一方ではベテラン工員の持つノウハウ (経験による暗黙知) に依って難問を解決した事例が何度も有りました。
  教授の云う市民生活に関わる 「かたち」 と、工場生産における 「ノウハウ」 は相通じる大原則ではないかと愚考します。
8. 「国語教育論」 : 藤原正彦
  言語は思考の道具。思考するのは言語であり、発信するのも言語。知的活動とは語彙の獲得と駆使に他ならない。
  読書は、過去・現在・未来にわたり深い知識、深淵な教養を得る有力・有効な手段、ネットは細切れの情報を伝えるに過ぎない。
  読書は教養の土台であり、教養は大局観の土台になる。文芸・歴史・思想・自然科学などの教養を欠いては健全な大局観は持てない。
  大局観は長期的展望や国家戦略に必須である。
  日本人は米国人に比して数学力はあるが、現実問題においての論理展開 (説得力) に弱いと云われる。一方、米国人は逆の傾向を持つとされる。
   その理由は、数学の論理と現実社会の論理に大きなギャップがあるからと考えられる。数学の論理は "真と偽" で成立し、前提には万人が認める "公理" が存在する。一方、現実は "黒白をつけ難い灰色" であり、前提も曖昧である。
    現実社会は普遍性のない前提から始まり、灰色の道を辿る、思考の正当性よりも説得力のある表現が勝利を得る。読書により、豊富な語彙を知り,適切な表現を学ぶ、すなわち国語力を鍛えるのが肝要である。
   実体験は時空を超えた世界を知り得ないが、読書はそれを可能にする。また、高次の情緒も読書により涵養される。情緒は年少期の読書により育つ、時期を失すると効果が上がらない。
<たまの玄太の一言
  藤原教授は国語を重視する言説をしばしば発表しています。「一に国語、二に国語、三にも国語,四と五が無くて六に算数」と話されたのを聞いた記憶があります。
また、小中校生を対象とした世界的なコンクールで、日本の生徒は計算力は高いが、文章の形をした応用問題には弱い、との話もあり、これは問題の主意を正しく読み取れないからだ、との指摘も有ります。
  教授は米国の大学で日本の小学生レベルの算数も解けない学生が在学し、しかも教授を相手に臆面もなく論争を挑む場面に何度も遭遇したそうです。この場合、主題は数学では無かったかも知れませんが、豊富な語彙を総動員して、詭弁とも云うべきロッジックを展開するそうです。
  教授の主張する 「国語力を磨け」 の意図は、詭弁的な論争に備えろというような低次元なモノでは無いでしょう。しかし、国際政治における非難の応酬などを見れば、正統的な国語力を基盤としつつ、詭弁的論法を跳ね返す交渉の話術を鍛えることが必要だと感じます。 
              <以下次号>

2018年6月10日 (日)

No.191: 名論卓説 & 迷論惑説 (3)

6. [ 二つの世界と科学革命 ] : C.P.スノー
Charlespercysnow 文系の知識人は、文系の文化が文化の全てであると考え、自然法則の探求などというものには、全く興味を示さない。
  サイエンスの世界が知的な深さ、複雑さ、明晰さにおいて、人間の精神の最も美しく、最も驚嘆すべき能力によって打ち立てられたものであることを全く理解していない。
 英文学の大作を読んでいない科学者に対し文系知識人は冷笑を浮かべ、専門バカとして退ける。
 だが、彼等の無知と専門バカぶりも驚くべきものだ。 私は彼等に "熱力学の第二法則" について説明できるか問うた。答えは冷ややかなものであり、否定的であった。
 この質問は 「貴方はシェークスピアの作品を何か読んだか」 と云うのと同等のレベルであるが、彼等は答えられなかった。 西欧の最も賢明な人々の多くは、物理学に対しては新石器時代の祖先なみの洞察しか持っていない。
 理系人もシェークスピアの4大悲劇の概略ぐらいは常識として知っておくべきであり、文系人も熱力学のアウトラインは知っているのが望ましい。
<たまの玄太の一言>
 文系人と理系人の乖離を論じる時に、上記の C.P.スノーの主張は、しばしば引用されます。おそらく、理系人からの最初の正面切った文系人批判だったからでしょう。
 C.P.スノーは物理学者であり、後には作家活動もした人物です。このような主張を発表した背後には、西欧社会でも文理の対立が存在するのでしょう。
 実は前記の文は、立花隆氏の東大での講義記録から再録したもので、いわば孫引きです。氏は哲学を学んだ方ですが、その評論活動は政治・社会などの文系分野に止まらず、宇宙・生命・脳科学・情報などの理系分野にも及んでいます。
 そのような方ですから、C.P.スノーの説に着目し講義に採り入れたたのでしょう。
 なお、立花隆氏は、米国の大学は文系でも 「生命科学」「情報科学」 を必修科目にしている、と付言しています。
 
7. [ 文系・理系に関わる百家争鳴 ] :
7-1 C.R. ドーキンス : 「文字を知らないことは、誰も自慢しないが、科学を知らない事を自慢し、数学が出来ないことには胸を張る」
7-2 某・ノーベル賞受賞者 : 「日本の悪い点は、官僚・政治家が科学を知らないと広言することだ。彼等は科学を産業の手下だと見ているらしい。芸術家は尊敬されるが、科学者はしばしば変人扱いされる」
7-3 某・女流作家、中央教育委員 : 「二次方程式など社会に出てからは一度も使わない数学を義務教育で学ぶ必要が有るのか」
7-4  某・県知事 : 「女子にサイン・コサインなど教える必要があるのか? 自分は社会人になって1回使っただけだ。それよりも社会の仕組みや草花の名前を教える方が良い」
<たまの玄太の一言>
 上記の前2項は、著名な理系人の指摘であり、後2項は、知名度の高い文系人の放言です。実は文系有識者の発言には、この種のものが非常に多いのです。
 彼等は、今日の快適で便利な社会を支える社会インフラや家庭機器が近代科学技術によって創られた事実をご存知ないのでしょうか? また、彼等の仕事 (執筆 出版・講演・テレビ コメンテーターなど) の背後には IT 技術が在ります。それらの諸技術は、数学・物理学・化学などを基盤としています。
 こう云うと、すべての若者が、その方面の職に就くわけではない、と反論する方がいます。しかし、それを云うならば、文系の諸科目 (文芸・社会・歴史・・・・) についても同じ論法が成立します。
 独断と偏見で云うならば、洋の東西を問わず、程度の差は有っても文理の対立は避けがたいのかも知れません。
 
           <以下次号>

2018年6月 8日 (金)

No.190 :名論卓説 & 迷論惑説 (2)

4. [ 秋山真之の慧眼 ]
Photo_4  日本海海戦を完全勝利に導いた名参謀・秋山真之は、第一次世界大戦に際し英国を視察した時、兵器工場で女子工員が生産に従事しているのを見て一驚し、それが可能なのは標準化・自動化が徹底している故と看破した。
 当時の日本の産業との格差を痛感し、近代戦を遂行するのは難しいと憂慮した。
<たまの玄太の一言>
 秋山真之は日露戦争において、連合艦隊・作戦参謀として活躍した人物。日本海海戦でバルチック艦隊を相手に完全勝利を収めた立役者でした。
 その彼が、後年に英国視察で得た見解は、前線での戦闘を支えるのは近代科学技術とその生産体制に在り、という卓見でした。
 蛇足を加えると、第二次大戦において、英国のレーダーはドイツを凌いだが、その生産には多数のラジオ・アマチュア(素人無線愛好家) が協力した、と伝えられています。これに対し、ドイツでは国家情報の漏洩を警戒してラジオ・アマチュアの活動を制約していたので、レーダーの開発・生産で遅れた、と云われています。
 秋山真之は、近代戦が科学技術戦であり総力戦であることをは逸早く看破した慧眼の士と云うべきでしょう。
 
5. [ステイーブ・ジョブズ論 ] : 坂村 健
Steve_jobs__2
  米国アップル社の創業者の一人であるステイーブ・ジョブズ氏は科学者でも技術者でもない。氏は新しいビジョンを示し、それを事業として実現する起業家として成功した。
 氏のヒット製品のどれも、その要素技術は自社で開発したものではない。他処で開発された様々な技術を巧みに組み合わせ、優れたデザインと操作感で、人々の潜在的な欲求に応えた製品を適度な価格で提供した。アップル製品が使っている部品の過半数は日本製である。
 インターネットの検索ソフトは日本が先行したが、企業は著作権問題を気にして二の足を踏んだ。
 アップル社はネットを介して楽曲を取り込むサイトを開設した、著作権問題の起きるのは承知の上で推進したと云われる。果たして訴訟問題は山積したが、事業は大成功を収めた。
  日本は訴訟文化に馴染まず、裁判沙汰になりそうな事業には手を染めない風土がある。
 日本の法律はドイツ流で、事前にあらゆる事象を想定し、相互に矛盾のないようにするので、制定も改正も時間がかかる。英米流は、取り敢えず法をつくり、問題が起これば裁判の判例で解決するので、早く対応できると云われる。
 さらに、日本では大手メーカーが人材を抱え込んでいる。米国では、主役の企業そのものが新陳代謝して、優秀な人材もそれにつれて動く。米国ではアイデイアを評価して、ベンチュア企業に投資するが、日本では担保がないと金を出さない。
 法律や制度を改めない限り、日本ではジョブズ氏のような逸材を活かせない。
 ビジネスの趨勢は、ネットは介して有用なサービスを提供する企業が主役になる。機材や素子を提供するメーカーは脇役にならざるを得ない。
<たまの玄太の一言>
論者の坂村 健 教授はリアルタイムOS "トロン" の開発者として世界に知られた情報科学者です。この論評はジョブ
Photoズを論ずると云うよりも、日本の学会・産業界に対する警告のニュアンスが強いように感じ取れますが、正に正鵠を射ています。

 

 老生が以前に読んだ高名なジャーナリストの著作で、ジョブズに言及した箇所が有りました。それには、ジョブズはコンピューターも経営学もドロップアウトしたが、カリグラフィー(ペンによる西洋書道)に熱中したと記して在りました。

 

 その書物では、近年日本の企業から画期的な新製品が出ないが、それは関係者の教養(文学・芸術・歴史・哲学・・・・)が無いからだと断定し、理系人も教養(文系)を積むべし、と力説していました。そうして、ジョブズの成功には、カリグラフイーの素養などの教養に依ると説いていました。ずいぶん粗っぽい且つ科学技術や企業経営の世界を知らない論法です。

 ジョブズはいわゆる「尖った人材」で、天才的な閃きとカリスマ的な指導力によって成功したのです。また、それを支える企業風土に恵まれていました。多方面にわたる教養(文系)の成果では有りません。
 坂村教授の論評は、遥かに実態に迫っていると、老生は評価します。

             <以下次号>

2018年6月 6日 (水)

No.189 :名論卓説 & 迷論惑説 (1)

[ はじめに ]
 旧いノートブックを拾い読みしていると、核心を突いた論説や、思いがけない切り口で見たエッセイなどの写しを再発見しました。
 その幾つかをアトランダムに紹介し、併せて老生のコメントを記しました。
1. [ 歴史と教養 ] : 竹内 洋
 今と此処しか眼中にない人は教養人とは云えぬ。過去や遠い社会に想像力を巡らせるのが教養人。現代に起きる事象を孤立して考えるのではなく 「歴史的視野の中で考える」 ことの出来るのが教養人。
 歴史を 「若しも・・・・」 で論じるのはタブーとされるが、教養としての歴史では適切な演習問題。歴史は瞬間・瞬間の決断で成り立つが、別の判断をすればどうなったか、と云う考察は洞察力や判断力の糧となし得る。
 歴史を学ぶほど、人間の愚行・意図と結果の乖離・小さな進歩にも大きな犠牲、などを実感する。
<たまの玄太の一言>
 老生が旧制中学2年生の時、西洋史の授業で教師から、「歴史ではフランス革命は、なぜ発生したか? 産業革命は後世に如何なる影響を与えたか? を考究するのが肝要である。何時・何処で・誰が・何を・どうした、などの片々とした事象を暗記するすのは無益である」 と云われました。
  この話は、14歳の中学生にとっては、強烈なインパクトでした。それから70年余を経ていますが、今でも覚えています。優れた教師の教訓でした。
   ドイツ帝国の鉄血宰相ビスマルクは「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」と喝破したそうです。これも名言・警句と云えるでしょう。
2. [ 米国の大学総長 ] : 山崎 正和
  学者・教師・行政家・政治家・外交官・広報マン・オペラとフットボールに詳しい社交家であることを要求される。大統領の側近を何人も輩出している前例もある。
[ 大学 学長の要件 ] : 糸魚川 順
 教育と研究の目利き。学生にどのような教育が必要か、より良い社会の実現にはどの研究分野の充実が必要かを見極め、大学全体としての方向性を明確に定められる高い見識を持つ。リーダーシップとマネージメント能力を持つ。
 欧米には学長になり得る人材のマーケットが存在し、育成のプログラムも有る。実社会を経験し、次元の異なるスピード感や責任体制、政策決定の現場を知るのが望まれる。
<たまの玄太の一言>
 日大アメフト部の危険タックル事件を契機として、大学首脳部の在り方が大きな問題になっています。いまの段階で、ジャーナリズムは管理体制を主に批判していますが、老生は資質を論ずべきと考えます。
 山崎氏の説は、スーパーマン的人材を期待し、糸魚川氏の説はプロフェショナル的人材を求めているようにして感じます。いずれにせよ、スポーツ分野のボス的人材が大学経営の実力者として君臨しているのは異常ではないでしょうか?
3. [先生達も官が好き] : 遠藤織枝
 大学の教員のことを、国立大学に属していると「教官」、私立大学の場合は「教員」と呼ぶ。 国立大ではその部屋を「教官室」と云い、会議を開けば「教官会議」と、称する。
退職すれば「退官」した、と云う。
 このコトバは一種のステータスを感じさせるらしく、私立大学の教員が、「教官」を自称するケースが増えて来た。「教員」よりも「教官」の方が格が高いように感じるからであろう。その根底に「官尊民卑」の意識がある。
 「官尊民卑」が日本社会の無責任体制と甘えを許容していると国際的に太刀打ちできないと、経済・国際・社会などの教授が警告しているが、その多くは国立大の「教官」である。自ら名乗らずとも、他から呼ばれるままにして「官尊民卑」や「民官接待」を非難できるのであろうか?
   また、私立大の教員が「教官」を自称するような事大主義は、プライドにかけて採るべきではない。
<たまの玄太の一言>
 老生は某民間企業の研究職を退職して、地方の私立大に転職したことが有ります。この時に割り当てられた居室に「教官室」と書かれた表札が掲げられていました。驚いて事務方に聞くと、創立以来のままだとの事でした。
 創立に際して、国立大を定年になった方が多数移籍し、それらの方々の指示でそう記したとの事で,以来誰も気が付かなかったようでした。
 また、他では自動車教習所の指導員や、客室乗務員の養成機関の教員を「教官」と称した例が有ります。
 現在、目に余るのは、就職試験において「面接官」なるコトバが乱用されています。この誤用は新聞・放送でも野放し状態で使われています。
 何かの機会に誤用されたコトバが、そのまま広まり定着してしまう例は少なくないのでしょうか?
            <以下次号 >
 
 
 

2018年4月11日 (水)

No.188 : レゴ作品展を見学しました (3)

「模型鉄道ジオラマ」
  模型鉄道の醍醐味は、運転にあります。それも実景を模して構成したジオラマの中でです。この作品展には、それが出展されていて、多くの見学者を喜ばせていました。
                                                                                     121_a
                                                                                     170
                                                                                   128_f_3
 
  撮影した多数の中から、老生の好みで選んだものです。ロゴの特長を十二分に活用して、凝った建物を配置して在ります。建物がヨーロッパ風なのは、元祖のロゴ社がデンマーク生まれだからでしょうか。
   老生の好みでは、もっと日本風のジオラマで構築したら如何かと感じました。 
 
                                                                                   126_d_2
                                                                                   1168
                                                                                   171_3
 
[ 終わりの一言 ]
  展示された作品は、他の分野にも沢山ありました。例えば、艦船・航空機・動物などです。どの作品も力作揃いで、
子供のための教育機材に止まらず、成人の創造意欲を満たし得る 「すぐれもの」 だと認識を新たにしました。
              <以上>                                        

2018年4月10日 (火)

No.187 : レゴ作品展を見学しました (2)

[ 鉄道模型 ]
   このレゴ作品展での人気の的は鉄道模型のようでした。多数のピースを組み合わせた精巧な造りの車両と、それが多彩な建物の間を縫って敷かれたレールの上を走行する光景は、見学者を釘付けにしました。
139 左図は「新幹線」の先頭車です。ピースを複雑に組合わせて巧みに流線形を構成しています。    
 
184  上図は、その全景です。実物は16両編成ですが、展示品は6両編成です。それでも、ずいぶん長い作品です。
 
143
 上図はJRの電気機関車の模型です。屋根上のパンタグラフや床下の台車や補機類を細かく構成しているのは驚きでした。
                                                                                   181
 上図は、上から「貨物車両」「旅客列車」「「電車列車」を並べて有ります。どれも精巧な出来栄えですが、長さ方向の縮尺を調節しているように感じられました。一般に鉄道車両を正確に縮尺すると、ずいぶん細長く見えるものです。さらに、レールの曲線部の曲率を大きくしないと走行が難しくなります。それですから、在来の模型でも長さ方向を故意に短縮するケースが有りました。
ここに展示した模型も、そうだと思われます。車両の窓の数をチェックすれば推定できます。
 展示作品の中に、車両内部が見えるようにしたものが有りました。
182                                                                                                    F020                                       
F021                                           上2図は電車特急の先頭車の客室、下図は食堂車の内部を見えるようにして有ります。どれも、実際よりデフオルメしてあるようです。これは、形状・寸法に制約のあるピースを組合せて構成するのですから当然でしょう。むしろ、よくも纏められたものだと感心します。
                                                                                     なお、蛇足ですが、レゴの鉄道模型のレール幅 (ゲージ) は、在来のものとは異なる独特の規格です。"L-ゲージ" と云う名称を提起しているそうです。また、縮尺を統一化していないようです。(これは出展者の方から直接に聞きました。) 
              <以下次号>                                             

2018年4月 5日 (木)

No.186: レゴ作品展を見学しました (1)

去る2月から3月にかけて、東京都調布市の文化会館で 「レゴ作品展」 が開催されました。
 
S_1_2  S_2_4                                                                             
レゴについては、子育ての時には大いに 活用した経験が 有りましたが 、それから既に数十年を経ています。  今回、往時を思い出して、会場に足を運びました。
そうして、その多彩な進歩に驚かされました。
 
[ 名画のレゴ化]
S02S02_2
 
S04
S05_2                           
上記は、ピカソなどの著名な画家の作品をレゴで構成したもので、約1m.の正方形にまとめていました。なかなかの迫力を感じました。 
                                                                                            [建 築」
S138
S17                      
左図は「武蔵野の森・総合スポーツ・センター」 「味の素スタジアム」のレゴ模型です。右図は「東京警視庁・庁舎」です。どちらの作品も細部まで再現されています。 
S175_3  S10
左図は 「横浜・港みらい」 地域のレゴ模型です。港に隣接して建つビルや観光施設を再現しています。右図は高さ634m.を誇る 「東京スカイツリー」 です、これも精巧な作品です。 
S15 上図は厳島神社です。海に浮かぶ豪壮な鳥居と社殿の威容を示しています。          
             <以下次号>
 

2018年3月23日 (金)

No.185: RCA社の興亡に想う (5)

<コングロマリットへの迷走>
  米国では1960年代後半に企業のコングロマリット化が広がった時期が有りました。これは異業種の企業を買収などの手段で傘下に収めることのようです。ウィキペデイアなどの記事によれば、異業種間同士の相乗効果によりグループ全体の活性化を期待する経営手法として注目されました。
  RCA社も、この手法を採り入れたようです。老生は1970年に同社を訪れましたが、面談した渉外担当者は、同社のコングロマリット化計画を誇らしげに語りました。即ち、レンタカー・冷凍食品・出版・不動産などの企業を買収した、との話でした。この時に老生は甚だしい違和感を持ちました。
  電子産業で世界に君臨するRCA社が、全く違う分野の企業を傘下に入れるのか、理解に苦しみました。帰国しての社内報告で言及しましたが、反応は技術系と経営系では全く逆でした。前者は疑問を表明し、後者は賛意・称賛を示しました。
  後になって見れば、RCA社のコングロマリット化は、ジリ貧からの脱却を狙う最後のあがきだったのでしょう
 
<RCA社の終焉>
  1986年にRCA社は嘗ての親会社GE社により買収されました。その後、GE社のジャック・ウエルニチ会長の提唱する「選択と集中」の方針に従い、RCA社の経営資源は切り売りされ消滅してしまいました。
  僅かにかにブランド名のみが他社に継承されていますが、それも見聞する事例は殆ど無いようです。 
 
たまの玄太の繰り言>
1. RCA社は超短波用の真空管を提供していました。
1933_955
1949_5876rca 左図は "エーコン管" と云い、右図は "ペンシル管" と云います。これらは家庭用の電子機器では目に触れる機会は無いでしょうが、業務用の機器では数多く使用されました。老生は大学の卒業研究のための装置を造るのに使いました。その入手は秋葉原の電気街からでした。          
2. 老生は駆け出しの技術者の頃ライセンス契約をしていたRCA社から絶えず送られる特許資料の仕分けを経験しました。会社にとって、必要・有用・無用に大別したのです。知識も経験も乏しい若僧が貧弱な英語力で読み解くのですから難行・苦行の日々でした。しかしながら、相応の学識と評価能力を身に付をけられました。
3.  RCA社に関わる出版物の一部を紹介します。
Rca_reaview1949_s
 
左図は同社の刊行する技術論文誌 "RCA REVIEW"、右図は、同社創立の頃の米国電子工業史 "Invention and Inovation in the Radio Industry" です。 前著は電子機器の研究開発者には貴重な資料でした。老生も新刊が出る度に貪るように読破したものです。後著は電子産業の勃興期の経過や業界事情を詳述した貴重な資料です。
4. RCA社は全盛期にはニューヨーク市の一等地に堂々た  
Rcaる高層 ビルを構えて得ました。
老生は1970年の海外出張の時に訪れました。
研究所と無線機工場の見学のアレンジを依頼するために渉外担当者に会いました。担当者は個室を構え、ドアの外に女性秘書が居て取次をして呉れました。この一事でも、当時の老生にはカルチュア・ショックでした。(日本では、今でも個室を持ち秘書が付くのは極めて限られた人です。)
    そのアレンジに従って、郊外に在る研究所と地方の工場を見学しました。そこで広大な敷地、整備された環境、充実した設備、などを見せられて圧倒される想いでした。
  その頃、日本の電子産業は力を付け、ラジオ・テレビ・音響機器などは米国を脅かす程に成長していましたが、この見学・調査で、米国の蓄積や潜在力を再認識させられたものです。
5. それから50年近くを経て、日本の産業は中韓などに追い上げられ、次に期待される "IoT, AI" などでは米国に差を付けられています。「興亡盛衰世の習い」「有為転変」「英雄墓は苔蒸しぬ」などのコトバのを痛感します。
 
              <以上>

2018年3月15日 (木)

No.184 :RCA社の興亡に想う (4)

<大成しなかった次世代大型ビジネス>
 RCA社は、ラジオ事業・真空管事業・テレビ事業に次ぐ革新的な大型ビジネスを育成するのに成功しませんでした。
   例えば、録音・録画の機器について、他社を圧倒するような機器を開発し事業化できませんでした。同社はRCA Victor のブランドで電気蓄音機およびSPレコードの世界では王者の地位を占めましたが、その後の長時間レコードの開発ではEPレコードを発表したものの、CBSのLPレコードには苦戦しました。さらにソニー・フィリップス連合の開発したデジタル方式のCDには差を付けられました。
 別の流れとして、磁気テープレコーダーが有りましたが、これも、日本やオランダの攻勢に太刀打ち出来ませんでした。
 録画装置については、かなり前から研究を始めていて、1953年頃には、放送局用の機器を発表しました。
1953_vtrs_2 
1960_vtr_5   左図はその装置です。録画時間は数分に過ぎなかったそうです。右図は1960年に発表された機器です。この頃になると製品としての完成度も一応の水準に達したようです。しかし、米国内では Ampex社と云う強力なライバルが居ました。
 さらに、家庭用VTR については、日本勢の攻勢が有りました。この分野は日本メーカーが独走し、欧米を圧倒しつつありました。
   家庭用の録画装置には、デスク方式という流れも有りました。「絵の出るレコード」というキャッチ・フレーズで各国の有力メーカーが開発に鎬を削りました。
    RCA社は 「セレクタビジョン」 と称する静電容量の技法を採り入れたシステムの機器を開発し、売り出しました。
同社は、このシステムに期待し多大な開発投資をしましたが、事業としては」成功しませんでした。
  開発に着手した当時の事情を忖度すると、嘗て成功を収めたレコード事業の延長線上との思い込みが強かったのではないでしょうか?
1961
左図は、RCA社の発売した「セレクタビジョン」の一例です。
  ライバルの立場にあったVTRは当初はオープン・リールの磁気テープを使いましたが、これは一般家庭人には扱い難い難点が有りました。一方、レコード(音響) は普及していましたから、同様に扱えるデスク(画像) の方が有望ではないか、との発想が有ったのでしょう。しかしながら、VTR 側はカセット形式を採って取り扱いの簡素化を実現し、録画の機能も持つので、デスク側を圧倒しました。
  このビジネスの不成功は、同社の経営を危機に陥れたとさえ囁かれました。
    今では、殆ど知られていないようですが、RCA社はコンピューターにも関わり合いました。得意の電子管技術を活用した記憶装置や磁気コアメモリー、磁気ドラムメモリーなども開発し、業界に貢献しました。同社の先進開発グループ (ADG) はBIZMAC という大型コンピュータ・シSテムを製造し、米陸軍の兵站管理に重用されました。
  しかしながら、この分野のビジネスは同社の経営体質とは馴染み難かったようで、何時しか手を引きました。
  同社は複写機にもトライしましたが、業務用・家庭用ともに不発でした。
  素材については、液晶や太陽電池の研究もして居ましたが、行き詰まり放棄したと伝えられます。この分野は日本のシャープ社などが追いつき・追い越して実用化に成功したことは周知です。
    1970年頃にCATV (有線テレビ) が注目された事が有ります。初めは難視聴地域に、大規模アンテナ設備を設け、そこから同軸ケーブルを介して各家に良好なテレビ信号を配信するシステムで、かなりの普及が有りました。そうなると、伝送容量の大きいケーブルを家々にまで配線するのだから、より多くの情報を双方向で扱えるという夢が生まれ遂に "Wired City" なる構想が提唱されました。
  内外の有力メーカーが開発を推進し、RCA社も着手しましたが、結果としては実を結びませんでした。もっとも、他社も同様でした。後年、全く別の技法と思想により生まれたインターネットが、 "Wired City" が意図した以上の機能を実現しました。技術予測は難しいと痛感させられます。
            <以下次号>

より以前の記事一覧